牡蠣は美容にも効果あり!男女におすすめの肌荒れ・保湿スキンケア効果とは

牡蠣の美容効果とは

牡蠣 美容効果
牡蠣は「海のミルク」とも呼ばれるほどで、かなり栄養満点の食べ物です。特に亜鉛を豊富に含んでいるのですが、亜鉛は新陳代謝に関わっているので肌のターンオーバーを正常にする効果があります。ターンオーバーが整うと肌荒れやシミが改善されたり、アンチエイジングにも繋がっていきます。
すごいのはそれだけではありません。亜鉛は女性ホルモンの分泌も活発にするので、生理不順など女性の悩みも改善してくれます。
牡蠣の美容効果の秘訣は亜鉛の他に、アミノ酸、ビタミンにもあるのです。アミノ酸の中でもグリシンやアラニンには皮膚の保湿効果などもあります。
ビタミンの中でもビタミンBは皮脂のバランスを整える効果や肌荒れを改善する効果があります。
美容は何も女性だけでなく、男性も気にしたいポイントですよね。肌荒れやニキビに悩む男性も多く見受けます。高級なスキンケアグッズやエステも良いのですが、まずは牡蠣を試してみるのもおすすめですよ。

 

貧血による顔のくすみにも

特に女性は月経や妊娠・出産と、貧血になりやすい傾向にあります。牡蠣には造血ビタミンと呼ばれるビタミンA、B1、B2、B12、そしてヘム鉄や葉酸が豊富に含まれているので貧血に効果があります。貧血になると顔色も悪くなるので、顔色を良くするためにも牡蠣がおすすめです。
身体の外から綺麗にするのはもちろん、牡蠣で身体の中からも元気にしていきましょう。

 

牡蠣のおすすめの食べ方とは

最近はノロウイルスによる被害が多いので、生牡蠣を控える人も増えています。
加熱するならばカキフライ、牡蠣グラタン、牡蠣のアヒージョで食べるのがおすすめです。しっかり中まで熱を通すようにしましょう。
牡蠣を食べるときにおすすめの食べ方は、レモンをかけて食べる方法です。牡蠣に含まれている亜鉛
や鉄分はビタミンCとの相性が良いので、一緒に食べると吸収率がアップしますよ。そしてほうれん草も鉄分や葉酸が豊富なので、一緒に食べると造血作用がアップします。
美容効果には、同じく美容にすごく良い成分「リコピン」を含んだトマトを一緒に食べるのが効果的です。

 

旬の時期

牡蠣の旨味成分「グリコーゲン」が多く含まれているのは秋から冬です。牡蠣は「Rのつかない月は食べてはいけない」とされているように、英語で5〜8月はRがつかないので食べない方がいいのです。理由としては、5〜8月は牡蠣の産卵期に入るので味が悪くなること、食中毒を起こしやすくなることが挙げられます。
岩牡蠣に関しては春から夏が旬なので例外です。このように種類によっても変わってきます。

 

でも牡蠣は高いし食中毒が怖い!

牡蠣は栄養満点だと言うことをご紹介しました。しかし時期が限られていることや、「あたりやすい」食べ物であることから苦手意識をお持ちの人も多いのが現状です。
しかも広島県産の新鮮な牡蠣は高いですよね。毎日食べるのは難しそうです。
そんなとき、サプリメントで摂取するとお悩みが解決しちゃいます。牡蠣のチカラαというサプリメントは、広島県産瀬戸内海産の新鮮な牡蠣、ペルー産の高級マカ、高麗人参が入っています。美容にも良いですし、健康のため、妊活のため、男性力アップを目指す人から愛用されています。
しかもなんと初回は980円とかなりお得な価格で購入することができます。

今だけ!1,000名限定のキャンペーン価格はこちら(送料無料)

牡蠣のチカラα

【贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα】