広島県の牡蠣は凄い!やはりおすすめは国産、広島県産の牡蠣

広島県産の牡蠣はなぜそんなにいいの?

広島県産 牡蠣

広島県の牡蠣

 

牡蠣と言えば広島ですよね。広島県瀬戸内海産の牡蠣は美味しいのはもちろん、栄養成分も豊富なので健康にも良いのです。牡蠣は他にも産地がありますが、違いを調べるには地形の特性を考えることが大切です。広島県産の牡蠣は瀬戸内海で養殖されていますが、背後の山々や河川の働きが大きく関係しています。

 

広島県を流れている太田川は険しい山地を通り過ぎた後、広大な三角州を形成してから瀬戸内海へ注がれます。太田川水系の河川は瀬戸内海に豊かな養分を供給し、海水のプランクトンを豊富にしていきます。海水のプランクトンが豊富になることで瀬戸内海の牡蠣も良質なプランクトンを食べることになります。そして大きく成長していくのです。
中国地方の山地を背景にし、太田川の水の恵みを受け、更に海と合流して更なる見事な調和が生み出されています。

 

瀬戸内海の気候は温暖なので、晴れの日も多いです。このような安定した天候も牡蠣の成長に大きく関わっています。また瀬戸内海は四季の変化がはっきりしているので、牡蠣にほどよい刺激を与えてくれます。
瀬戸内海はたくさんの島があるので海流が複雑になっていることも牡蠣の生育に良い影響を与えている秘訣です。特に宮島のあたりは海水と河川水のバランスが良いので最高級な牡蠣が育つと言われています。

 

今だけ!1,000名限定のキャンペーン価格はこちら(送料無料)

牡蠣のチカラα

【贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα】