超重要!亜鉛欠乏症とは?亜鉛不足の症状と原因・対処方法

亜鉛欠乏症ってなに?

亜鉛欠乏症
亜鉛欠乏症とは身体の亜鉛が不足、欠乏していることです。
日本人は亜鉛が不足気味であると指摘されているのですが、最近はどんどん亜鉛不足の人が増えているのだとか。しかも亜鉛不足、亜鉛欠乏症の症状はなかなか自分では気づきにくいという特徴があります。亜鉛は自分の体内では作れないこと、吸収率が低いことも、欠乏しやすい要因となっています。
そのためしっかり食べ物やサプリメントなどで良質な亜鉛を摂取する必要性があります。気づけば亜鉛欠乏症だった、という方が非常に多いので、ここで亜鉛欠乏症の原因や症状、対処方法をご紹介していきます。

 

亜鉛不足が引き起こすこと

味覚障害

一番有名な症状は味覚障害ではないでしょうか。味が感じられにくい、甘い物を苦く感じる、というような症状は味覚障害が疑われます。なぜ亜鉛不足が味覚障害を引き起こすのかと言うと、亜鉛は新陳代謝に関わっているのですが、亜鉛不足によって味を感じる細胞の新陳代謝が悪くなるからだと考えられています。

 

免疫力の低下

亜鉛は免疫機能を正常にする働きもあるのですが、不足するとその働きが悪くなり感染症などの病気にかかりやすくなる、病気の回復が遅くなる、などを引き起こします。

 

皮膚や髪の毛にも

亜鉛は皮膚や髪の毛にも大きく関わっています。不足すると皮膚炎や発疹、肌荒れ、爪の変色、傷の治りが遅い、抜け毛などの症状を引き起こします。またアトピー性皮膚炎の患者さんにも亜鉛が欠乏している人が多いことが分かっています。

 

成長や発育への影響

亜鉛不足によって発育不全や骨格奇形、骨粗しょう症、関節炎を引き起こすことがあります。

 

ホルモン系への影響

亜鉛はホルモンを合成したり分泌する役割を担っています。その中でも特に性ホルモンやインスリンに影響を与えています。亜鉛不足をそのままにしておくと、ED(勃起力低下)、男性不妊、精子の減少、糖尿病になることも考えられます。

 

その他

その他にも胃腸障害、食欲不振、倦怠感、情緒不安定、パニック障害、うつ病を引き起こすことがあります。

 

亜鉛欠乏症の原因とは

亜鉛は上にも挙げたように自分の体内で作ることが出来ない、吸収率が低いといった特徴があるのでしっかり食べ物やサプリメントで補う必要があります。
特に好き嫌いが多い人や、偏食する人、ダイエット中の人、インスタント食品やファーストフード、コンビニご飯が多い人も亜鉛が不足しがちです。
他の要因としては過度なアルコール摂取、糖尿病、慢性腎臓疾患、肝臓疾患、膵臓疾患が考えられます。

 

亜鉛欠乏症の対処方法

重症である場合はすぐさま病院に行きましょう。
そして何となく亜鉛不足の症状が当てはまるという人は、亜鉛を多く含んでいる食べ物を毎日食べるようにしましょう。おすすめは亜鉛をダントツに含んでいる食べ物、牡蠣です。それも中国産などの牡蠣ではなく、国産の良質な牡蠣です。牡蠣にはミネラルやビタミンを始めとする栄養素がたくさん含まれていますよ。

サプリメントで手軽に摂取するのもおすすめ!

しっかり食べ物で摂取するのもいいですが、牡蠣は季節が大きく関係している食べ物でもあります。
そんなときおすすめなのが亜鉛のサプリメントで摂取する方法です。
「牡蠣のチカラα」というサプリメントは、広島・瀬戸内海産の良質な牡蠣を使用しています。牡蠣の他にもアンデスの女王・マカや高麗人参(朝鮮人参)も一緒に入っているので亜鉛を摂取するにはもってこいなのです!
亜鉛は吸収率が低いので、良質な牡蠣を摂取することが亜鉛不足解消の近道です。

今だけ!1,000名限定のキャンペーン価格はこちら(送料無料)

牡蠣のチカラα

【贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα】