牡蠣・タウリンの効果・効能!肝臓の機能アップ 悪酔い・二日酔い防止

タウリンの効果・効能

牡蠣 タウリン 二日酔い

二日酔いの予防・改善

タウリンはアルコールの分解をするときに必要となる酵素のサポートをしてくれます。アルコールの分解が早くなるので肝臓の負担も減らしてくれるのです。そして飲酒したときに引き起こされる心拍数の増加も抑えてくれます。
飲み過ぎて二日酔いになったときや、今日はたくさん飲むぞ!というときはぜひタウリンを摂取してみてくださいね。

 

肝細胞を再生する

タウリンは肝臓を作る肝細胞の再生を促進して機能を正常に保つ効果があります。肝臓はもともと再生力が高いことで知られていますが、タウリンによって弱った肝臓も正常に戻しやすくしてくれるのです。

 

脂肪肝の改善

アルコールや脂肪分、糖分の多い食事ばかりしていると肝臓に中性脂肪が溜まります。そして脂肪肝に繋がることも。タウリンは肝臓に溜まっている中性脂肪を身体の外に排出する働きがあります。そのため脂肪肝の改善にも期待が出来ます。

 

コレステロールにも

コレステロールの分泌は胆汁酸によって促されています。その胆汁酸を作っているのは肝臓です。そしてタウリンを摂取することで胆汁酸の分泌が促されます。つまりタウリンを摂ることでコレステロールが消費されるのを促してくれるので、血液中のコレステロール値も下げてくれるのです。

 

活性酸素を消去する

活性酸素とは、活発な酸素のことを言います。言い換えると「酸化させる力」が活発なのです。身体の細菌などをやっつける働きもあるのですが、増えすぎると老化の原因になってしまうことから悪者扱いされやすい物質でもあります。
しかし活性酸素が増えすぎると老化だけでなく肝炎や胃炎、関節炎、歯肉炎などになる恐れもあるのです。
タウリンは活性酸素を消去してくれるので、これらの病気の予防にも繋がっています。

 

タウリンの副作用・注意点

タウリンを仮に過剰摂取したとしても、アミノ酸の一種なので自然に排泄されます。ただし医薬品として安全を確かめる実験を行ったところ、成人が1日3回・1回1グラムを服用したときに吐き気や下痢といった副作用がわずかに報告されたそうです。
タウリンの1日の摂取量の目安は500mgと言われていますが、一方で20歳以上の人は3000mgくらいが理想という声もあります。サプリメントなどで摂る際は、食事からの摂取量も配慮するといいですね。
しかしながら最初に説明した通り、必要以上に摂っても身体の外に排出されるのでそこまで心配する必要はないと考えられます。特に二日酔いの予防や改善のために1日だけ飲むのであれば問題はないでしょう。
タウリンは胃酸を過剰に分泌させるという特徴があるので、胃が弱い人は牛乳などと一緒に摂取すると良いですね。

今だけ!1,000名限定のキャンペーン価格はこちら(送料無料)

牡蠣のチカラα

【贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα】