牡蠣ダイエットってなに?アスリートも実践しているその効果と理由

タウリンの効果・効能とは

牡蠣 タウリン 二日酔い

二日酔いの予防、改善

よく二日酔いや悪酔い防止のドリンクに「タウリン」が配合されていますよね。タウリンはアルコールを分解するときに必要な酵素の手助けをしてくれます。そのためアルコールの分解が早くなり、肝臓の負担も軽減されます。また、飲酒によって引き起こされる心拍数の増加も抑えられます。
飲み会前や二日酔いになったときはぜひタウリンを摂取しましょう!

 

肝細胞の再生

タウリンは肝細胞の再生を促し、機能を正常に保ってくれます。肝臓は再生力が高いのですが、タウリンは弱った肝臓も正常に保つ効果があります。

 

脂肪肝の改善

人間ドックで脂肪肝を指摘される人が増えているそうです。アルコールや脂肪分、糖分の多い食事ばかりしていることで肝臓に中性脂肪が溜まり、脂肪肝に繋がっていきます。
タウリンには肝臓の中性脂肪を身体の外に排出する働きがあるので、脂肪肝の改善も期待できます。

 

コレステロール対策に

コレステロールの分泌は胆汁酸によって促されるのですが、胆汁酸は肝臓で作られています。タウリンを摂ることで胆汁酸の分泌が促され、コレステロールも消費されます。血液中のコレステロール値を下げることに繋がるので、コレステロールが気になる人もタウリンを摂りましょう。

 

活性酸素の除去

活発な酸素、活性酸素。酸素と聞くと良いイメージがありますが、言い換えれば「酸化する」といううことです。もっと言うと酸化はサビるということです。
もちろん活性酸素のおかげで身体の細菌がやっつけられたりと良いこともあるのですが、増えすぎると老化に繋がります。それだけでなく肝炎や胃炎、関節炎、歯肉炎の原因にもなるのです。
タウリンはそんな活性酸素を除去する作用があるので、酸化によるこれらの病気を防ぐことができます。

 

タウリンに副作用や注意点はある?

タウリンはアミノ酸の一種なので、もし過剰摂取したとしても体外に排出されます。
しかし医薬品として安全かどうかを確かめる試験で、成人が1日3回・1回1グラムを摂取すると吐き気や下痢などの副作用がわずかに報告されました。
1日の目安摂取量は500mgですが、20歳以上は3000mgくらいが理想という説もあります。
これくらいの量が目安になるように調整しましょう。特にサプリメントで摂る場合は過剰摂取にならないよう配慮したいところでもあります。
ただ先ほどにも書いたように、不要になったタウリンは身体の外に排出されるので、過度に心配する必要はありません。特に二日酔いのために1日だけ多く飲む程度なら問題ないしょう。
タウリンは胃酸を過剰に分泌させる作用があるので、胃が弱い人は牛乳などと共に摂取するのをおすすめします。

今だけ!1,000名限定のキャンペーン価格はこちら(送料無料)

牡蠣のチカラα

【贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα】