牡蠣の3価クロムで糖尿病改善!?HbA1cや血糖値を下げる理由

糖尿病改善にいい!?3価クロムって?

 

3価クロムとはクロムの一種で、人間に必要な必須ミネラルでもあります。人間の中には2mgほど含まれているのですが、これはミネラルの中では一番少ない量となっています。
クロムの中でも種類があり、特に人間に大きく関わっているのは3価クロムと6価クロムです。その中でも特に大切なのは3価クロムです。
6価クロムは人工的に作られるもので、有害物質でもあります。ジュリア・ロアーツが主演している映画『エリン・ブロオビッチ」でも環境汚染のテーマとして取り上げられていました。
一方3価クロムは自然界に存在しているので安心です。

 

3価クロムの働き

3価クロムはインスリンの分泌をサポートする働きがあります。3価クロムが体内から不足するとGTF(Glucose Tolerance Factor:耐糖因子)を作ることができなくなり、糖尿病に繋がっていく要因になってしまうのです。

 

糖尿病にも牡蠣がいい?

糖尿病には牡蠣が良いと言われています。
牡蠣にはビタミンやアミノ酸、鉄分、亜鉛、3価クロムなどがバランスよく、なおかつ豊富に含まれているからです。
糖尿病になるとミネラルが不足しがちになります。そして亜鉛は血糖コントロールには欠かせません。ホルモンやインスリンの材料にも亜鉛が含まれているのです。亜鉛不足によってインスリンが効率的に作られなくもなります。
そして先ほど紹介した3価クロムはインスリンの働きを助けてくれます。最後にタウリンですが、タウリンとはアミノ酸の一種でインスリンの分泌を促進する作用があります。そのため糖尿病予防や改善に良いとされているのです。

 

牡蠣のチカラαは糖尿病対策にもおすすめです!

牡蠣と糖尿病の関係についてご理解頂けたでしょうか?意外にも牡蠣には糖尿病を予防したり改善する効果があったのです。インスリンを助ける成分が豊富なのは嬉しいですよね。
ただ、牡蠣を毎日食べるのは難しいですよね。そんなときはサプリメントの摂取が手軽で効率的です。実際にヘモグロビンA1cや血糖値が気になる人たちも、このサプリメントを愛用されています。3価クロムはあまりメジャーな成分ではありませんが、人間にはとても大切な栄養素です。ぜひ積極的に摂りたいですね。
ヘモグロビンA1cの数値は5.6未満が理想とされています。食事や運動で改善するのはもちろんですが、ぜひ一緒に牡蠣のチカラαで糖尿病の予防・改善していきましょう!

今だけ!1,000名限定のキャンペーン価格はこちら(送料無料)

牡蠣のチカラα

【贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα】